産業雇用安定助成金(仮称)の創設

厚生労働省から、「在籍型出向の活用による雇用維持への支援」及び「産業雇用安定助成金(仮称)の創設」について公表されました。

「在籍型出向の活用による雇用維持への支援」は、出向元及び出向先双方の企業に新たな助成制度を創設するとともに、産業雇用安定センターによるマッチング体制を強化するなど、新型コロナウイルス感染症の影響により一時的に雇用過剰となった企業が従業員の雇用を守るため、人手不足などの企業との間で「雇用シェア」(在籍型出向)により雇用維持する取組みを支援することとされています。対策のポイントとして、在籍型出向を支援するため、出向元・出向先双方に対する助成金の創設による企業へのインセンティブの付与が挙げられております。これが産業雇用安定助成金(仮称)です。

「産業雇用安定助成金(仮称)」は、コロナ禍において事業活動の一時的な縮小を余儀なくされ、労働者の雇用を在籍型出向により維持するため、労働者を送り出す事業主及び当該労働者を受け入れる事業主に対して、一定期間の助成を行うとされています。

制度の概要及び助成額等については、下記の関連リンクをご参照ください。

【関連リンク】
厚生労働省「在籍型出向の活用による雇用維持への支援」
厚生労働省「産業雇用安定助成金(仮称)の創設」