育休働き掛け企業の義務に、個別面談や書面配布 厚労省の分科会が案示す

男性の育児休業取得推進を巡り、厚生労働省は14日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)分科会で、子どもが生まれる従業員一人一人への育休取得の働き掛けを企業に義務付ける案を示しました。上司や会社からの働き掛けがあれば育休を取りやすいとされており、労使ともに大きな反対はありませんでした。年明けにもまとめる報告書に盛り込まれる見通しです。(SankeBizより引用)

(関連リンク)
育休働き掛け企業の義務に、個別面談や書面配布 厚労省の分科会が案示す(SankeBiz)