雇用保険については、平成29年から65才以上の労働者についても雇用保険の適用対象となっていますが、経過措置として、高年齢労働者(注)に係る雇用保険料は免除されていました。

令和2年4月1日からは、当該経過措置は終了し、高年齢労働者(注)に係る雇用保険料も徴収の対象となりますので、ご注意ください。
(注)保険年度の初日(4月1日)において満64才以上である労働者であって、雇用保険の一般被保険者となっている方

【関連リンク】三重労働局(リーフレット)「令和2年4月1日から、すべての雇用保険被保険者について雇用保険料の納付が必要となります」