2019年10月2日に「2019年グッドデザイン賞」の受賞結果が発表され、いつもお世話になっている労務管理事務所フォージョウハーフ(大阪府)の「100年企業就業規則」が見事受賞しました。

100年企業就業規則は労務管理事務所フォージョウハーフの日比野大輔先生が考案されたものです。日比野先生を中心に100年企業就業規則の普及・発展を目的としてその主旨に賛同する全国のおよそ30名の社労士で組織された「100年企業研究会」の活動を行っています。

弊社も同勉強会の発足当初から参画し同規則作成のノウハウの確立に全国の仲間の社労士と取り組んでまいりました。今回の受賞にあたり、弊社代表社員礒谷哲夫(いそがいてつお)を含む5名の社労士が新潟県内の弊社関与先企業で行った同規則作成事例も取り上げられました。

100年企業就業規則は、事業承継者、世界の事業家、未来の日本人のために、長寿企業が暗黙知として伝承するノウハウ(例えば、採用や教育のあり方、顧客の対応など)や経営哲学を、就業規則の形式でまとめたものです。企業が持つ経営哲学を言語化し、次代の承継者や従業員に共有・承継し、企業の永続的な発展に資することを目的としています。

今回のグッドデザイン賞の受賞を機に、今後、弊社においても100年企業就業規則の提案・普及活動を積極的に図ってまいります。

関連リンク:グッドデザイン賞2019受賞対象、就業規則[100年就業規則]

100年企業就業規則に関するお問い合わせ先:
担当:礒谷(いそがい)TEL:025-250-7122 E-mail : info@yotsubawork.jp