2020年1月6日にハローワークのシステムが新しくなります。主な変更点は以下のとおりです。
【変更その1】ハローワークインターネットサービスをリニューアル。「スマホ」「タブレット」にも対応!
【変更その2】「マイページ」が開設できます。(求職者マイページ、求人者マイページ)
【変更その3】求人票が変更され、掲載情報量が増加します。マッチング支援も充実させます。

それに伴い求人票の様式や公開方法が以下のとおり変わります。

1.求人票の様式が変わります。
・「正社員登用」「受動喫煙対策」「必要なPCスキル」「固定残業代」「36協定における特別条項」など新設する項目があります。
・「最寄り駅」「学歴」「必要な免許・資格」「PRロゴマーク等」など登録方法が変わる項目があります。
・「仕事の内容」「求人に関する特記事項」など、登録可能文字数が増加する項目があります。
・「地図」や「画像情報」、「事業所PR情報」などハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)やハローワークインターネットサービス上で見られるようになります。(新求人票には掲載されません。)

2.求人の公開方法が変わります。
ハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)と「ハローワークインターネットサービス」が一本化されます。これにより、ハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)でもインターネット上でも、同じ求人情報が公開されるようになります。(ハローワークに来所しない求職者に対しても、ハローワーク内と同じ求人情報を公開できるようになります。)
* 求人票もインターネット上で公開されます。
* 画像情報もインターネット上で公開されます。
* 求人受理後に公開されるタイミングは、ハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)とハローワークインターネットサービスは同時になります。

関連リンク
求人票・公開方法が変わります
求人票が変わります(その1)
求人票が変わります(その2)
【事業主向け】ハローワークの利用方法が変わります
【求職者向け】ハローワークの利用方法が変わります