■36協定届における押印・署名の廃止とそれに伴う新様式について、2021年4月より

労働基準法施行規則が改正され、36協定届における押印・署名の廃止と、36協定の協定当事者に関するチェックボックスの新設が行われます。

(関連リンク)
■36協定の押印廃止、新しい届出様式(厚生労働省)