新潟市・長岡市の社労士法人です。就業規則、人事評価制度、働き方改革支援、メンタルヘルス、労基署の是正勧告対応等、3名の社労士が得意分野を生かしてサポート致します。

社会保険労務士(社労士)のあるべき姿を目指して

  • HOME »
  • 社会保険労務士(社労士)のあるべき姿を目指して

私たち社会保険労務士(以下「社労士」という。)はなぜ存在するのでしょうか。社労士法第1条には次のように書かれています。
「この法律は、社会保険労務士の制度を定めて、その業務の適正を図り、もつて労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。」
つまり「事業の健全な発達」「労働者の福祉の向上」に資することが、私たち社労士の存在意義だといえます。
「事業の健全な発達」をいいかえると、企業経営が適正な売上・利益を確保しながら発展するとともに法令を遵守し社会的責任を果たしていくことです。「労働者の福祉の向上」といいかえると、働く人々の幸福で安定した生活を実現することです。社労士はこれらの目的を達成するために、高いレベルの人事労務管理の専門知識、実務能力を生かして企業経営を支援していくことです。
「事業の健全な発達」「労働者の福祉の向上」を支援するためには、単なる事務作業や手続きの代行を行うだけでは充分ではありません。私たちの真に行うべき仕事は、お客様の心に寄り添い、関与先様のパートナーとして企業経営の中で毎日のように発生する様々な人事や労務の課題を解決することだと考えます。そして「企業の事業の発展や経営理念の実現」「働く人々の幸福と生活の安定」の支援を公正に誠実に行うこと、これが社労士のあるべき姿であると私たちは考えます。
これらの社労士のあるべき姿を目指し、私たちが行う労務コンサルティングサービスは、高いレベルの技術力・専門能力・倫理観が求められます。たとえ手続や給与計算業務であっても、法律的な知識をもとにした相談を受けることができる技術力が私たちの強みです。したがって、私たちは日々研鑚し、高いレベルの技術力・専門能力・倫理観の獲得、向上、実践を行い続けなければならないと考えます。

受付時間 平日 9:30 - 17:30 TEL 新潟事務所 025-250-0072 長岡事務所 0258-37-5586

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © よつばワーク社会保険労務士法人 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.