本日は、キヤノングローバル戦略研究所特別顧問・須田美矢子氏による働き方改革における企業の対応についてのコラムを紹介します。

同氏は、企業の雇用環境への対応がゆっくりすぎることを指摘したうえで、「今後は人手不足のもと優秀な労働者を引き寄せるために、またIoTやビッグデータの活用といった技術進歩への対応で、企業自身が想定以上のスピードで働き方改革に取り組まざるをえなくなるだろう。」と述べています。

キヤノングローバル戦略研究所・役員室から・働き方改革―企業が自主的にやることがたくさんある―