このたび厚生労働省から長時間労働抑制・過重労働防止の観点から、労働時間の適性把握についてのガイドラインのリーフレットが公開されました。特に使用者は労働者の日ごとの始業・終業時刻を記録する必要があるのですが、中小零細企業においては出勤簿の出勤日に捺印をするのみで始業・終業時刻を記録していないケースがみられます。労働基準監督署の監督指導においては労働時間管理についての是正指導に特に重点的に行われますので、内容をしっかりと理解・把握しておく必要があるでしょう。なお、リーフレットは下記のリンクからダウンロードできます。

厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」